大手眼鏡チェーン、ビジョンメガネの創業者。65歳で退任し、新たに眼鏡会社を設立した。その新会社は事業こそ順調だったものの、連帯保証の借金をきっかけに破産へ。吉田武彦社長は「親父の教えを守っておけばよかった」と悔やむ。