対等のM&Aに共鳴する仲間が結集して成長するアークス。各社に一定の自主性と競争原理を導入する経営が功を奏している。3回目は、組織運営や人材育成から連峰経営の要諦を語る。