近所にある小さいスーパーはいつもにぎわっている。値段はそれほど安いわけではない。肉だと飛騨牛や松阪牛、野菜だと京野菜のような、普通に日ごろ食べるようなものではない商品が多く並んでいる。いわばデパ地下がそのまま小さくなったようなスーパーなのだ。そこには、「ダイコン○○円 ! 」というようなチラシで動く客は来ないが、いいものを欲しいという人が大勢やってきて、採算が合っているのだと思う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1226文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。