格差解消の処方箋として累進的な資本課税などを提唱した仏パリ経済学校のトマ・ピケティ教授が来日。吉川洋・東京大学大学院経済学研究科教授と、格差や日本経済の課題を徹底的に討論した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4272文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2015年2月16日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。