スカイマークの再生を担う投資ファンドの首脳が本誌の単独インタビューに応じた。大手2社に次ぐ第3極にはこだわらず、1年以内に経営を安定軌道に乗せる方針を明らかにした。ただ、スカイマークは債務超過の恐れがあり既存株主の損失も大きい。共同スポンサー探しは予断を許さない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2629文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2015年2月16日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。