今春、エコカー減税の基準が厳格化され、より高い燃費性能が求められるようになる。幅広い車種が制度の恩恵を受けてきた「何でもエコカー」時代は終わりを迎える。消費者負担の変化は、国内の売れ筋に影響をもたらす。