働きがいを向上させる手法やその効果に、企業の規模は関係ない。上位に並んだ企業は、働きがいを新規事業やコスト削減などにつなげている。試行錯誤を繰り返し、仕組みを定着させることがカギとなる。