原油安の進行を受けて、日銀は2015年度の物価見通しの大幅な引き下げを余儀なくされた。著名な日銀ウオッチャーは、日銀が遅くとも4月までに追加の金融緩和に追い込まれると予想する。