フランスの経済学者トマ・ピケティ氏の著作『21世紀の資本』が日本でもブームになっています。歴史的に検証した結果「資本収益率」が「経済成長率」を上回っているため、富を「持つ者」と「持たざる者」の格差が拡大する、というのがその趣旨です。