反緊縮策を前面に掲げるギリシャ新政権に対しドイツは今、何をなすべきか、元独副首相が提案する。元副首相のフィッシャー氏がかつて率いた緑の党は、欧州統合派で現在は野党としてメルケル独首相には批判的。それでも同氏は欧州存続のためにドイツは緊縮策を見直すべきだし、メルケル氏にはそれだけの力があると強調する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3036文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2015年2月9日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。