パチンコ、たばこ、産業廃棄物処理──。世間の風当たりが強い業界で、存続をかけて「善行」を重ねる企業がある。負の烙印からスタートしなければならないからこそ、「善い会社」として承認されることを渇望する。