会社とは何か。単なる「営利組織」という定義は、もはや通用しなくなりつつある。働き手、顧客、取引先、地域社会、投資家──。多様な利害関係者のすべてに、持続的にプラスの影響を与える組織。いま必要とされるのは、利益の向上と社会への貢献が一体化した「善い会社」だ。その会社とはどこか。全上場企業から本誌が選んだ上位100社をまず紹介しよう。

(吉野 次郎、池松 由香、広岡 延隆、島津 翔)

●「善い会社」ランキング
総合順位社 名総合点
1 ソフトバンク 70.7
2 ファーストリテイリング 65.4
3 キーエンス 65.2
4 ファナック 63.9
5 ヤフー 63.5
6 イオンモール 62.4
7 楽天 61.9
8 マニー 60.2
9 日本たばこ産業 59.8
10 武田薬品工業 59.7
11 東海旅客鉄道 58.4
12 KDDI 58.2
13 ABCマート 58.0
14 住友不動産 57.9
15 ユー・エス・エス 57.8
16 アステラス製薬 57.7
17 トヨタ自動車 57.5
18 SMC 57.3
19 ナカニシ 57.2
20 トレンドマイクロ 57.1
注:全上場企業3841社の過去10期にわたる経営データを基に100点満点で順位付けした。詳細はこちら

CONTENTS

日経ビジネス2015年2月9日号 24~25ページより目次