中東の過激派「イスラム国」を名乗る組織が、後藤健二さんを殺害したと見られる動画をネットに配信した。「日本人だから安全」というのはもう過去の話。日本人だから襲われる日が来たことを、真剣に考えるべきだ。テロの“グローバル化”が続く中、日本人、日本企業、日本政府はそれぞれ拡大する脅威への対応を迫られる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2568文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2015年2月9日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。