携帯電話やスマートフォン、タブレット端末が普及する一方で、リアルタイムでテレビ放送を視聴する世帯の割合を示す総世帯視聴率(HUT)が低下傾向にある。2014年にはインターネットの接触時間がテレビの視聴時間を上回ったとのデータもあり、危機感を持っている。