IoT(Internet of Things、モノのインターネット)をデジタル化の「第2の波」と定義。20年近くかけて、あらゆる企業と産業を「破壊」すると予測する。製造業などの蓄積がある日本が、IoTを主導できると説く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4650文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題