IoT(Internet of Things、モノのインターネット)をデジタル化の「第2の波」と定義。20年近くかけて、あらゆる企業と産業を「破壊」すると予測する。製造業などの蓄積がある日本が、IoTを主導できると説く。