世界的な景気停滞と原油安が、各国の中央銀行に金融緩和の圧力をかけている。欧州中央銀行(ECB)が量的金融緩和を発表した1月22日に、デンマーク国立銀行が政策金利をマイナス0.20%から同0.35%に引き下げた。同行は19日に政策金利を引き下げたばかりだった。