ネット通販の拡大は、再配達の増加という形で物流インフラの負担を増大させている。それを乗り越えるべく、ヤマトは「経験のデジタル化」で届け方革命を起こす。