日本のモノ作りの現場では「大きいものを作る技術」が失われつつある。軽薄短小の流れが転換する中、“重厚長大技術”を磨き直すことが欠かせない。それは、日本の製造業に新たな付加価値をもたらすことにもつながる。