新興国市場で日本企業が苦戦している原因の一つは「製品の小ささ」にある。アジア市場を攻める各国ベンチャーの中には、商品の大型化で勝負する動きが出始めた。大型商品が人気を集める傾向は、核家族化が進む国内市場でも、顕在化しつつある。