電話番なんていらない──。これが私の信条です。人口が減少に転じる中で、コールセンターは取引先企業と消費者をつなぐ電話番だけでは勝ち残れません。保険・証券、通信販売、製造業…。様々な業種を対象に、電話で注文を受けて商品を提供するところまで手掛けたり、時には消費者から届くご意見を分析したりと、取引先企業の右腕になってこそ本領発揮です。