自動車、部品、建設、農業、物流──。ITとモノ作りを掛け合わせた新技術が、世界の産業の姿を変え始めた。人の仕事を助ける技術は、日本の救世主にも、破壊者にもなり得る。