香港の著名実業家、李嘉誠氏が自ら率いる長江実業グループの事業の抜本的整理・再編を発表した。今年87歳となる同氏の事業継承への準備が主眼とされるが、それだけではなさそうだ。トウ小平時代から北京とは蜜月関係を築き事業を伸ばしてきたが、その関係が変質しつつあるとの見方が少なくない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1427文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題