65年の歴史を持つ公営競技、船橋オートレースが廃止になる。民間企業のノウハウを導入したが、売り上げの減少に歯止めがかからなかった。施設も老朽化。改修費用のメドが立たず、運営の継続を断念した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3119文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。