ホームラン級の新技術として期待される産業用蓄電池の「レドックスフロー電池」。故障が相次ぎ、一時は開発チームが解散に追い込まれたが、執念で再度の事業化に成功。たとえ損失を出しても、将来有望な研究テーマは捨てない「寛容」の経営方針が実を結んだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6606文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「企業研究」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。