「グローバル人材」を求める声が多い中、それ以前に大切なことがあると言う経営者がいる。グローバル企業のトップ、伊藤忠商事の岡藤正広社長とネスレ日本の高岡浩三社長だ。本物の「稼げる人材」の作り方とは。気鋭の経営学者、楠木建・一橋大学教授が聞く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4189文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2015年1月19日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。