安倍政権は一連の税制改正で、今年から相続税を引き上げた。基礎控除額を下げ、課税財産を増やした上で、課税率を最高50%から55%へと引き上げた。これは2つの点で安倍晋三首相が掲げる政策と矛盾する。