労働人口が減少する中で、女性活用の必要性が一段と高まっている。国は2020年までに女性管理職の割合を30%まで高める目標を設定。企業もそれに呼応し、「女性が働きやすい環境」の整備に本腰を入れ始めた。