昨年末の衆院選でアベノミクスの継続が決まり、円安の基調が続くとの見方が多い。円の「実力」は42年ぶりの弱さを示し、この円安を前提とする日本経済の再構築が急務。日本の新陳代謝を促す好機と捉え、中小企業、成長産業、独自技術を鍛えなければならない。