昨年末の衆院選でアベノミクスの継続が決まり、円安の基調が続くとの見方が多い。円の「実力」は42年ぶりの弱さを示し、この円安を前提とする日本経済の再構築が急務。日本の新陳代謝を促す好機と捉え、中小企業、成長産業、独自技術を鍛えなければならない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5233文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 1ドル150円経営」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。