「このままでは春まで会社が持たない。どうか助けてほしい」2014年10月下旬、名古屋市の地方銀行の一室。住宅設備の部品を作る中小企業の経営者は、為替が同年9月の1ドル=102円から108円に急落し、メーンバンクに駆け込んだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1321文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 1ドル150円経営」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。