昨年12月、円相場は1ドル=120円を突破した。本誌緊急調査で、多くの企業が円安を前提に経営戦略を転換したことが明らかになった。日本経済は、その形を大きく変えようとしている。