「ボンッ、ボン」。昨年9月3日正午過ぎ、耳をつんざくほどの爆発音が立て続けに鳴り響いた。場所は新日鉄住金名古屋製鉄所(愛知県東海市)の第1コークス炉。炉にくべる前の石炭を一時保管する石炭塔から真っ赤な炎と黒煙が立ち上り、一瞬にして周囲を覆った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1398文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題