足踏み状態から脱し、緩やかな回復軌道が見込まれる2015年の日本経済。3年目を迎えたアベノミクスは成長戦略や財政再建などの難題に答えを出す時が来た。円安や原油安の影響で明暗分かれる産業界も、飛躍へ向けた分岐点に立っている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り261文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2015年1月5日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。