消費税10%への引き上げが先送りされて、胸をなで下ろした流通・サービス業界。だが、それも束の間。「2015年も景気が良くなるとは思わない」(ネスレ日本の高岡浩三社長)。円安などによる原材料費の高騰や人手不足で物価が上昇する半面、実質賃金は減り続け、消費者の財布のひもは緩まない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2214文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2015年1月5日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。