日本にはもっと競争が必要──。批判を恐れずそう主張するキーパーソンが増えている。極端な平等社会は瓦解する運命にあることは、欧州の歴史を見ても明らかだ。必要とされるのは競争の撲滅でなく、「やるべき平等」と「やめるべき平等」の区別だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5448文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。