ゆとり教育で加速した教育現場の「行き過ぎた平等化」は依然、色濃く残っている。成果主義で競争原理が導入されたはずの企業にも、悪平等な仕組みはなくならない。競争なき社会からは、世界に打ち勝つハングリー精神は生まれない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4179文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。