理論と実践は違うとよく言われる。例えば企業が新分野に進出する際、「本業と懸け離れた事業は良くない。近い分野を選べ」と言うが、「近い分野とは何か」「そこへどう進出すればいいのか」と問うと誰もうまく答えられない。理論をうのみにしても何も見えてこない。