第4次産業革命の勝者は誰か。今、それを問うのは時期尚早だろう。ドイツや米国ですらスタートラインに立った段階。優勝劣敗が鮮明に分かれるには10年、20年という時間が必要だ。我々がイメージする「革命」とは異なり、目に見えるスピードでは変化は起きない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1976文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2015年1月5日号 46~47ページより

この記事はシリーズ「特集 日本を脅かす第4次産業革命」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。