2015年、世界は久々の「産業革命」を目の当たりにする。自動車業界の頂点に立つトヨタ自動車がIT(情報技術)企業の下請けになり、日本が得意のモノ作りでインドにあっさり抜かれる──。企業や国の序列が至る所で逆転し始めるのだ。歴史をひもとけば、このような革命は今回が4度目に当たる。