毎年のことながら、新年一発目の原稿は苦しい。書いている本人が年末進行のドタバタで青息吐息なのに、それを読む読者は、正月気分でページを開く建前になっている。