2003年、3兆円の公的資金投入により実質国有化され、破綻の危機に陥った。それから12年。業績が回復し、国から借りたお金の完済が目前に迫り、経営の足かせから放たれる。ただ、改革を主導した故細谷英二会長というカリスマを失い、「新生りそな」の銀行像模索が続く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り9085文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「企業研究」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。