解散総選挙は、全くの無駄だったというほかない。約630億円もの選挙費を投じて、自民・公明合わせた議席数は変わらなかった。現状維持にすぎず、マスコミも「与党大勝」などと書き立てるのはいかがなものか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1562文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。