このたびの総選挙の投票率は、小選挙区で52.66%、比例代表で52.65%で、戦後最低だった前回、2012年の衆院選より、それぞれさらに6.66ポイント低かった。