1945年8月15日正午。国民はラジオから流れる天皇の声に直立し、そしてゆっくりと頭を垂れた。日本が戦争に負けたその時。後にリーダーとなる若者たちは、何を感じたのか。