未来への遺言ですか。僕にとっては「会社が潰れないように」。それだけだな(笑)。でもね。今回話そうと思ったのは、やっぱり、僕の話がこれからの時代を担う皆さんの参考に少しでもなるのならと思ったからです。