武器を持たない黒人少年を白人警官が射殺した米ミズーリ州の事件で、地元の大陪審は警官を不起訴にする判断を下した。「人種差別だ」と反発する住民の一部が暴徒化、抗議デモは全米各地へと広がっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1548文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。