中国共産党・政府は12月11日まで、経済の方向性などを協議する中央経済工作会議を開いた。GDP(国内総生産)成長率で前年比10%超の増加が続いた急成長時代から安定成長時代に入ってきたことを正式に確認。安定成長時代に適応するには、さらなる構造改革が不可欠であると強調している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2013文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2014年12月22日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。