全体としては豊かな米国だが、貧困の中で暮らす子供の割合は先進国の中では最も高い。国内の所得格差が拡大し、貧困層の子供は教育や医療の面で平等な機会さえ与えられない。しかし、格差拡大の流れは適切な政策により逆転可能だとスティグリッツ氏は訴える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3105文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2014年12月22日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。