経済がグローバル化し、複雑な金融取引が世界中で縦横無尽に行われている。その結果、我々が経済や金融にまつわる「危機」に遭遇する頻度は以前より高くなった。そして、危機の状況を把握することすら難しくなっている。