「私がこれまでやってきたことを否定してくれ」社長に就任するに当たって、似鳥昭雄会長から掛けられた言葉です。創業者である会長から社長を引き継いで大変だろう。そう思われる方も多いようですが、「思ったようにやる、失敗したら気付いて戻す」という社風で育ってきたためでしょうか、実はそこまでプレッシャーを感じていません。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1299文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「新社長の独白」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。