12月の10日、豚レバーなどの豚肉を生で食べること(生食)を禁止すべきかどうかを検討していた食品安全委員会の専門調査会が、「健康へのリスクが大きく、禁止は妥当」という結論をまとめた。